心と占い ~ことのはマイン堂~

ことのはマイン堂店主 なぷの日記

踊れ体 ブレるな心 宇宙も地球も人間も

ことのはマイン堂店主 なぷです。

僕は日常での疲れを感じると心をリラックスさせます、マインドフルネスなどの勉強経験が役立つ。
実生活でのストレスを心の世界に癒してもらうバランス、うん、いいぞ。

逆に心の世界での疲れが出た時は体を動かす!
水泳チームに入っているので、練習や水泳の大会に出たり、ミニ駅伝で走る、お祭りで踊る。
目に見えない心のモヤモヤを現実の体に吹き飛ばしてもらうバランス、これもいいぞ。
f:id:nap-po:20201225095440j:plain
でも今年はコロナの影響で、スポーツイベント、祭りが軒並み中止。
普通に動き回ったり仲間達とワイワイできるありがたさ、心底実感しました。

星占いでは「宇宙の出来事は地上の出来事・地上の出来事は宇宙の出来事」つまり宇宙と地上はお互いに関連があると考えます。
これ、体と心も全く一緒、ホントそう思う。

心にムダなゼイ肉がつくと体のキレが悪くなり、体が怠惰になるにつれて心はもっと曇っていく、いわゆる負のスパイラル。
逆に心がクリアだと体を動かす元気も出て、よく働いてくれる体に前向きな心がドンドン寄ってきます。
身も心もバランスがとれた状態がとにかく大事。

「ボディ&ソウル」両者鍛えて、コンディションをシッカリ整える。
イベントが再開した時、楽しく参加できるように備えておきます!
(とは言え、ビザが痛かったり、本の字が見えなかったり、年齢ハンディを感じますが(;^ω^))
f:id:nap-po:20201225104451j:plain


ココナラさんにて、占いネットショップ「ことのはマイン堂」オープンしました。
ぜひお立ち寄りください。
http://coconala.com/users/2292975

なぷのフェイスブック
http://www.facebook.com/awase.napuyo

こころはウソをつかない子

ことのはマイン堂店主なぷです。

横浜中華街の占い師、ののこ先生のオンラインタロットリーディング学習会に参加しました。
あっという間に時間が過ぎて「ホントに無料でいいの???」と恐縮する程充実した内容、先生ありがとうございました!!
f:id:nap-po:20201221070739j:plain
僕が目指しているタロットは、どれだけ依頼者様の心に寄り添えるか。
心理学の専門家でもあるののこ先生がしきりにおっしゃっていたのが「カードはウソをつかないからシンプルに読む」ホントに大切だと思いました。

勉強会での事例。
「どうすれば幸せになれますか?」という質問の答えカードが「貧困」だった。
解釈をする占い師の頭の中、たぶんこんな感じ。
「貧困で幸せな筈が無い(占い師の常識から出てきた思考矛盾)」→「貧困にならないように注意しろという意味なんだろう(占い師の思考整合)」→アドバイス「無駄遣い注意、お金を大切に(占い師の思考道筋のまとめ)」
これはアドバイスではなく、占い師が「幸せと貧困の関係について」考えを述べているだけ。

「貧困」が嫌だとか、ならないように注意するとか、幸せの道筋にどうつなげるかの答えは、相談者の心の中にあります。
「貧困」のカードが出たのだからシンプルに「貧困のカード」と解釈する、カード自体に吉凶はない。
タロットリーダーが絶対にブレてはいけないのは、まさにこの部分だと僕はいつも心掛けています。

カードはウソをつかない、なぜなら人の心の奥底や魂はウソをつかないから。
このケース、相談者の方は「貧困」のカードを見てハッとした顔をして、人のお役立ちができるボランティアをやる目標を持っている、「貧困」のカードに描かれているような方々の力になりたいと考えている、とおっしゃっていました。
f:id:nap-po:20201221070754j:plain
占い師の仕事は自分の意見を伝えるのではなく、相談者様の中にある答えを導きだしてあげる事だな~、と改めて、強く再認識させていただけた貴重な勉強会でした。

先生の勉強会に関しては以下のURLからご確認ください。
https://eventlink.jp/events?event=reading202012&br=6907


ココナラさんにて、占いネットショップ「ことのはマイン堂」オープンしました。
ぜひお立ち寄りください。
http://coconala.com/users/2292975

なぷのフェイスブック
http://www.facebook.com/awase.napuyo

ことだまで ステキを呼び込め

ことのはマイン堂店主 なぷです。

色々なステキを呼び込むアイテムの一つに「ラッキーカラー」がありますが、似たモノに「開運行動」があります。
福を引き寄せる行動で僕は鑑定をした時にはお伝えしていますが、気をつけているが伝え方。
日常生活の中でやれる事を言うようにしています。

例えば「多くの人と関わる仕事をやると開運」と占いで出たとして、仕事をしていない人にはどう伝えるといいのでしょう?
f:id:nap-po:20201211075812j:plain
普通に「将来お仕事をやる機会があれば、人と関わる職種がいいよ」というアドバイス
間違ってはいませんが、仕事を始める予定がない方にとってはピンとこないのではないでしょうか?

そこで「仕事」の正体を探っています。
こういうケースでは「仕事」というキーワードの中に、職業以外の意味が必ずメッセージされています、どんな占術であってもそうなんです。
家事や子育て、あるいは趣味などが「仕事」かもしれないし、心配事や悩んでいる事と関連しているかもしれない。
「多くの人と関わる」というワードも同じで、単に「大勢の人とコミュニケーションをとる」だけの意味ではない時もあります。
依頼者様の普段の生活や思っている事への置き換えをする、簡単に言うと、実感として伝わる言葉に通訳する感覚かな~。

「ラッキーカラーは赤」を通訳する一例。
ジョギングを趣味で頑張ってる方だとするなら「シューズやウェアを買い換える予定はありますか? その時、赤が入ったデザインのモノにすれば、もっと楽しく走れるようになりますよ」とか。
f:id:nap-po:20201211075831j:plain
言葉の選び方って難しい、だからこそ大切さにこだわりたいです。


ココナラさんにて、占いネットショップ「ことのはマイン堂」オープンしました。
ぜひお立ち寄りください。
http://coconala.com/users/2292975

なぷのフェイスブック
http://www.facebook.com/awase.napuyo

タロット占いとチャーハン

ことのはマイン堂店主 なぷです。

タロットカードの「ワンオラクル」という占い方があります。
中でも「大アルカナ」というカードだけ使う方法、好きです。
全部で78枚あるカードの中から使うのは22枚だけ。
その中の1枚だけめくる、シンプルな方法。
でも、これ、かなり奥が深い~と考えさせられます。
f:id:nap-po:20201206081136j:plain
たった1枚のカードから何かを読み取る。
シックリこないカードが出てもじっくり向き合うと、絶対にリアルなメッセージが込められてるんですね、これがタロットのスゴさ、面白さ!

複数カードを使って、カードの意味をつなぎ合わせて占うのも、もちろんタロットの醍醐味。
だけど「1枚勝負!」みたいな飾り気がないワンオラクル、いさぎよくて好きです、ごまかしがきかないし。

思い出すのが中国の有名料理屋の話。
見習いシェフが修行として賄いのチャーハンを作るのですが、材料は米、卵、塩、砂糖だけ。
僕なら、ちょっとネギ入れたいとか、醤油で匂いを出したい~、とか思いますがそれはNG。
4つの材料だけでしっかりチャーハンを作れた人だけが、お客様に食べていただくご馳走を調理する厨房に入れるんだって。
基礎が大事、シンプルな事ほど難しいんですね。
f:id:nap-po:20201206081455j:plain
ワンオラクルシンプルチャーハン占い? の精度を上げられがるよう、日々勉強です!


ココナラさんにて、占いネットショップ「ことのはマイン堂」オープンしました。
ぜひお立ち寄りください。
http://coconala.com/users/2292975

なぷのフェイスブック
http://www.facebook.com/awase.napuyo

占い、なんで未来がわかっちゃう?

ことのはマイン堂店主 なぷです。

あっという間に12月。
毎年の事ですが、この時期になると「時間がたつのは早いな~」と感じます。
年が明けると新たな12カ月がスタートしますが、四柱推命では10年毎にコヨミが変わる宿命カレンダーがあります。
f:id:nap-po:20201205081527j:plain
これ、一人一人中身が違います。
順番にコヨミが進む人もいれば、逆回りパターンもある(12月の次に11月が来るイメージ)
いつから、どのコヨミから宿命カレンダーが始まるのかは人によってバラバラ、ま、宿命ってそういうモノなんですね。
で、何に使うかというと、今、人生の中でどんな季節なのかを見ます、メチャ重要なんですよ、これ。

例えば、収穫期にあたる秋が人生の後半に来る人は「この人大器晩成型?」と考えます。
またコヨミ逆回りの人の場合、今が厳しい冬でも、次に来るのは収穫の秋なので「今は大変な時期だけど、頑張り続けていれば、突然成果につながるぞ」と推命します。
季節の変わり目の人であれば「大きな節目が来るんじゃない?」とか。
未来推命のシステムってこんな感じ、シンプルと言えばシンプルです。

実際の占いでは、もっと細かく見るべき事はたくさんありますよ。
いずれにしても将来を予測するのって、単なる占い師の勘だけではなく、結構理屈にかなってる部分が多いんですよ、そんなお話でした。


ココナラさんにて、占いネットショップ「ことのはマイン堂」オープンしました。
ぜひお立ち寄りください。
http://coconala.com/users/2292975

なぷのフェイスブック
http://www.facebook.com/awase.napuyo

太陽と月とウマとヒツジ

ことのはマイン堂店主 なぷです。

四柱推命(しちゅうすいめい)という占い、中国発祥で命式(めいしき 占うためのホロスコープのようなモノ)には難しい漢字がたくさん。
↓こんな感じ(;^ω^)
f:id:nap-po:20201201220644j:plain
支合(しごう)というルールがあり、特定の十二支の組み合わせが「木火土金水」の五行(エレメント)に変化します。
ネズミとウシなら土、タツとトリなら金になる、といった具合。

その根拠が、十二支を星に見立てて古代西洋星占術の星座と同じ並びであてはめている。
五行を惑星に見立てて、土星位置なら土行に変化、水星位置なら水行に変化という具合。
アジアの占いがヨーロッパの星占いと全く同じ理論を使っている事を知り、先人達の星に対する感性や知恵に、えらく感激したのを覚えています。

僕は星読みを勉強していく中で四柱推命と星占いは両立できると考えています。
実際命式とホロスコープ、両方眺めて気づく事も結構ありますよ~。

星の理屈で考えるとウマとヒツジはそれぞれ太陽、月に変化しますが、四柱推命には太陽と月のエレメントがない、どうしましょう?
取り敢えず火行に変化するというセオリーが一般的ですが、理屈が通らないのでウマとヒツジの支合は採用していない流派もあります。

個人的にはウマとヒツジは特別な意味を持つ支合であって欲しい、だって太陽と月に変化ってスゴくない?
今はそれが何かを必死に探っています。
四柱推命の常識外の話にはなるけど、こういうコトがあるからこそ、占いって奥深いし面白いと感じます!
f:id:nap-po:20201201221340j:plain


ココナラさんにて、占いネットショップ「ことのはマイン堂」オープンしました。
ぜひお立ち寄りください。
http://coconala.com/users/2292975

なぷのフェイスブック
http://www.facebook.com/awase.napuyo